ピースホーム|福井市ローコスト住宅・新築戸建・注文住宅

間取りのポイント!【和室編】

2021/07/07 ブログ 建物

家を建てる時に、「和室」をつくるかつくらないかで迷われたことはありませんか?
昔は和室のある家がほどんどで、和室があることが当たり前のように思っていましたが、

現在はどうなのでしょう🤔

今回は和室のメリットとデメリットなどを紹介しようと思います。

和室をつくろうと検討中の方や、和室をつくろうか迷っている方の参考になれば幸いです😊

 

和室のメリット

幅広い用途につかえる

和室のメリットは、いろいろな場面に合わせて幅広い用途に使用できることです!
ちょっと横になりたい時など、リビングのフローリングだと休まりませんよね💦そのような時、そのままお昼寝をしたりできる和室があると、とっても便利ですよね。

他には、洗濯物を畳んだりアイロンをかけたり、来客時の応接間として利用することができます。お子様がいらっしゃる方は子供の遊び場としてや、お昼寝スペースにもなります。

 

リラックス効果

また、畳に使われている「い草」の香りが好きでリラックスできるという方もいらっしゃいます。い草の優しい香りは、精神を落ち着かせる効果があるそうです✨

冬になればこたつを置いて、いつもはリビングで家族団らんをしている方もこたつに入りながらのんびり過ごすというのも良いのではないでしょうか😊

 

和室のデメリット

お手入れが大変

畳・障子・ふすまなどは傷みやすく汚れやすい素材のため、こまめなお手入れが必要です。

畳の日焼けや畳の上に家具を置いていた部分に負担がかかり傷が付いてしまうこともあります💦

 

他の部屋との間取りの問題

和室をつくると、リビングや他のお部屋が狭くなってしまう可能性があります。和室の広さや他の部屋に影響がでないか?考える必要があります!

 

和室に採用したい畳の種類

畳には、「縁あり畳」や「縁なし畳」、サイズも「一畳」や「半畳」、

素材に和紙を使用している畳など様々な種類があります。

 

「縁あり畳」とは、畳縁がある一般的な畳のことです。

「縁なし畳」とは、畳縁を使用していない畳のことです。縁なし畳を半畳サイズしたもので、通常のい草よりも丈夫な種類のい草を使用してつくられているものが「琉球畳」です。

カラーの異なる90㎝×90㎝のサイズの畳を写真のように交互に配置してアクセントを持たせることもできます😊

素材に和紙やポリプロピレンを原料としている畳でも写真のように配色可能です✨

 

モデルハウスを見に行こう!

和室はつくるかつくらないかで迷われる方が多いと思います。

畳の種類や、収納スペースの確保、小上がりにするかフラットにするか?
どれが良いのか住んでみないと分からないことってたくさんあると思います🤔

ピースホームでは、「モデルハウス見るだけ見学会」を実施しておりますので、実際に見ていただけたらと思います✨

「モデルハウス見るだけ見学会」はこちら▶https://peace-home.biz/event/5913

ピースホーム|福井市ローコスト住宅・新築戸建・注文住宅
予約特典あり!イベント予約