ピースホーム|福井市ローコスト住宅・新築戸建・注文住宅

新築購入後にかかってくる固定資産税とは?

2021/07/28 ブログ 資金

家を所有していると、毎年1月1日に「固定資産税」を納めなければいけません。
固定資産税とは、具体的にどのような税金なのでしょうか🤔?

 

固定資産税とは?

固定資産税とは、土地・家屋等を所有している人に対して課税される税金のことです。

税額等を記載した「納税通知書」が送られてくるので、年4回(4月・6月・12月・2月)に分けて固定資産の所在する市町村に納めます😊

 

新築の固定資産税はいつからかかる?

固定資産税は、新築を建てた日ではなく1月1日の時点で住宅を保有していれば、その年の4月1日~3月31日までの固定資産税が課税されます!

年の途中で住宅を購入した場合は、その年の1月1日時点では住宅が存在しているということにはなりません。

この場合は翌年度から課税されるということになります😊

 

住宅の固定資産税の算出式

住宅の固定資産税の算出式は、固定資産評価額×税率1.4%となります。固定資産税は原則として、3年ごとに価格の見直しが行われます!

「固定資産評価額」とは、自治体ごとの基準に基づいて住宅を評価した値です。

例えば固定資産評価額が1,000万円の住宅の場合、固定資産税は14万円となります。

 

固定資産税の減額について

令和4年3月31日までに建てられた住宅について、条件を満たすものに関しては新築後一定期間の間、固定資産税の2分の1が減額されます✨

減額の条件

・「長期優良住宅の普及の促進に関する法律 」の規定に基づき、耐久性・安全性等の住宅性能が一定基準を満たすものとして行政庁の認定を受けて新築された住宅

・令和4年3月31日までの間に新築された住宅

・居住部分の床面積が50平方メートル以上、280平方メートル以下であること

・専用住宅、または併用住宅であること。併用住宅の場合、居住部分が全体の床面積の2分の1以上であること

 

減額の条件や減額期間など、固定資産税の減額について詳しく知りたい!!という方は、遠慮なくピースホームにお問い合わせください😊

お問い合わせはこちら➡https://peace-home.biz/

 

新築を購入時に固定資産税について確認しよう!

固定資産税は、住宅を所有し続けている限り支払わなければなりません💦
新築を購入する際には、毎年どれくらいの固定資産税を支払うことになるのかを概算で確認することをおすすめします😊

理想の家づくりのため、住宅にかかるお金のことや税金のこと、何でもピースホームに聞いて下さい✨

オンラインでも相談できますのでこちらからどうぞ😊
https://peace-home.biz/apply_sp

ピースホーム|福井市ローコスト住宅・新築戸建・注文住宅
予約特典あり!イベント予約