ピースホーム|福井市ローコスト住宅・新築戸建・注文住宅

フラット35が変わりました!(^^)!『その2』【福井ローコスト住宅ピースホーム】|2017年10月7日

こんにちは(*’▽’)ピースホームの山口です🎶

2週間前まではまだ昼間は暑かったのに、肌寒く感じることも多くなってきましたね~。冷え性のわたしは半袖だと厳しくなってきました(;^ω^)

前回、10月からのフラット35の変更点について書きましたので、今回はもっと具体的にしていきますね

これまでフラット35と銀行系の住宅ローンの総返済額を比較する場合、単純に比較するのは難しかったです。

団信保険料の有無の条件が違っていたためですね。

今回のリニューアルにより分かりやすくなります。

 

現在

フラット35  ・・・・・・・・ 返済額 + 団信保険料

民間の住宅ローン ・・・・・  返済額 + 保証料

10月から

フラット35 ・・・・・・・・ 返済額

民間の住宅ローン ・・・・・ 返済額 + 保証料

 

変更前のフラット35は団信の保険料を金利に含んでいないため、金利だけで比較する銀行より低いことがほとんどでした。

今後は上記の通り、フラット35も金利に団信保険料を含みます。一方、民間の住宅ローンでは保証料と別枠で発生します。ですので、金利だけで比較すると総支払額は民間の住宅ローンのほうが高いという状況になるかもしれません。

団信の金利上乗せは0.2%くらいで、これが実質的に保険料となります。

 

フラット35が公表しているシミュレーションです。

3000万円のローンを35年、という条件で

 

             返済総額   団信保険料   支払総額    

従来  (金利1.12%)   約3628万円  約204万円   約3832万円

10月から(金利1.4%)    約3797万円    不要    約3797万円

上記の通り、支払い総額では従来よりも約35万円安くなると説明されています。

なお、フラット35の団信が任意という点は変わりません。団信が不要の場合には、0.2%の金利引き下げとなります。健康上の理由等で団信加入が出来ない方は、保険料分含まない金利でこれまで通りフラット35を利用することが出来ます。

新しい団体信用生命保険は保障範囲が変更になります。次回はそれについて書きます🎵

 

ピースホーム|福井市ローコスト住宅・新築戸建・注文住宅
予約特典あり!イベント予約